ニューキノロン系抗生物質と使用疾患

ニューキノロン系抗生物質は、細菌の増殖に必要な酵素を阻害して殺菌的に抗菌作用をあらわす薬です。抗菌薬の中でも、ニューキノロン系薬は抗菌薬の一つとして愛用されています。そして、ニューキノロン系抗生物質にはクラビット、タリビット、オゼックスなどがあります。

まず、薬を投与したときに、よく腸から吸収されてから、血液中へと移行します。専門用語では、これを「体内動態が良い(薬物動態が良い)」と表現します。投与した薬のうち、どれだけ薬物が血液中に入ったかを示す指標として、生物学的利用率があります。もし簡単に「薬の吸収率」だけだと考えると、ニューキノロン系抗菌薬の吸収率は90~95%に達します。

また、ニューキノロン系抗生物質は肺や尿道、呼吸器、胆道、前立腺など、組織への移行性がうまく行っています。抗菌薬が効果を得るためには、標的とする組織に移行しなければいけません。いくら殺菌作用が優れていたとしても意味がない、作用がないのです。さらに、ニューキノロン系抗生物質は多くの細菌をカバーします。つまり、1剤でさまざまな細菌を殺す作用が知られています。

ニューキノロン系抗生物質の特徴としては、「好気性のグラム陰性菌に優れた効果をある」ことがあります。抗菌薬が効きにくい緑膿菌(グラム陰性桿菌)にも作用できます。これらニューキノロン系抗菌薬としては、以下の疾患に用いられます。
市中肺炎(日常生活で患った肺炎)
尿路感染症
消化管感染症
前立腺炎
性行為感染症(淋菌、クラミジアなど)
皮膚、軟部組織(筋肉や血管など)の感染症
骨髄炎、関節炎

注意:15歳未満の小児の方、妊娠中または妊娠の疑いがある方は適用をさけましょう。