ニューキノロン系抗生物質の副作用と注意点

ニューキノロン系抗生物質とは、抗生物質の系列の一つで、抗生物質の中でも、ニューキノロンチックは数多く使用されている抗生物質です。その効果はDNAジャイレース(DNA gyrase:トポイソメラーゼⅡ)Aサブユニットの阻害により、DNA複製を阻害し、殺菌的に作用を果たします。キノロン系をもとに人工的に合成・発展させたものであり、作用機序はキノロンと同じくできています。また、化学構造からフルオロキノロンとも呼ばれています。
ニューキノロン系抗生物質系抗生物質の抗菌スペクトルは広く、グラム陰性菌、陽性菌、マイコプラズマなど様々な菌に対して抗菌作用を示す。性感染症(淋菌、クラミジアなど)、市中肺炎、尿路感染症、マスター管感染症、前立腺炎 、スキン感染症、骨髄炎、関節炎など幅引く使用されています。
現在は感冒に対しても使用されていますが、頻繁の使用は、耐性菌の出現するので、必要最小限の使用との注意があります。
ニューキノロン

ニューキノロン系抗生物質の副作用
ニューキノロン系抗生物質の投与は比較的副作用が少ないというメリットがありますが、投与する際は出る副作用そして、消化器症状、中枢神経障害、循環器症状、血糖異常、腱障害などの様子があらわれることもあります。
消化器症状は下痢、吐き気、食欲不振などの症状があらわれるケースがあります。
中枢神経障害はけいれんなどがおこる恐れがあります。
循環器症状はQT延長症候群などがおこる恐れがあります。
血糖異常は低血糖、高血糖などがおこる恐れがあります。
腱障害はアキレス腱 炎などがおこる恐れがあります。
また、感染症学の知識を用いて診断を行えば、ほとんどの場合ニューキノロン系抗生物質薬なしで治療は可能となっています。

ニューキノロン系抗生物質の注意点
ニューキノロン系抗生物質の内服薬とテトラサイクリンと同じく光線過敏症や、 Ca2+、Fe2+などの金属類と併用すると効果が減弱(キレート形成)します。
酸性NSAIDs(フェニル酢酸系のフェンブフェン、プロピオン酸系)との併用による けいれんの増強(ニューキノロン系抗生物質による抗GABA作用がNSAIDsによって増強されるため)します。
本剤の吸収が阻害され抗菌作用が減弱する場合があります。
本剤とミネラル含有製剤・食品などとは摂取の間隔をあけてください。(一般的には2時間以上あけた方がよいとされる)
また、おめでたまん中・授乳まん中や18年代以下には使用しないように配慮されている。これは、軟骨反映支障の可能性があるからです。